パーソルかるた【ち】

会社名

パーソルチャレンジ株式会社

かるた解説

障害者の「未来」に目を向け、新たな枠組みづくりに挑戦

社名が示すとおり、障害者の多様な活躍に向けて、チャレンジしている会社です。現在、500名を超える障害のある社員がはたらいていますが、みんなが笑顔で効率良くはたらけるよう、先駆的な取り組みとマネジメントを続けてきました。また、誰もが分け隔てなくはたらける環境をつくりたいという思いから、同性パートナー婚者への休暇制度を導入しています。

はたらき方の選択肢を広げることを目的に、既存の就職・雇用支援だけでなく、RPA業務を担う障害者人材の育成や、AIを活用した障害者の生産性向上や職域拡張のための実証実験を開始しているなど、目を向けているのは常に「未来」です!

かるたワード解説

障害のある人も活躍……障害者雇用を担う特例子会社として、グループの事務業務や広告制作などを担うBPO事業、障害者専門の人材紹介事業を展開しています。

2021年度のトピックス

社員数1000名突破。社内外で制約に負けないはたらき方創出を進めた一年

2021年度は、誰もが制約に負けず活躍できる「新たなはたらき方のスタンダード」への取り組みを進めた1年でした。4月には高知県高岡郡四万十町に「パーソルチャレンジ高知四万十オフィス」を開設。グループから受託した業務と、地元農家から受託した農作物出荷代行業務を行っており、三大都市圏以外の地域での障害者就労機会創出と職域拡大を目指して取り組んでいます。

また、先端ITに特化した就労移行支援事業所「Neuro Dive」の新拠点を、横浜と福岡に開設しました。7月には居住地や在学・在職中等の理由で就労移行支援事業所を利用いただけない方にオンライン有料学習サービス「Neuro Dive Online」を開始しています。Neuro Diveは事業開始以来、大手企業のデータサイエンスやデジタルマーケティングなどの職種で就職決定者を輩出しています。

パーソルチャレンジではLGBT等の性的マイノリティ当事者に共感し、寄り添いたいと願うアライのコミュニティ「P-Rainbow」を中心に、社内における周知や啓蒙活動を行っています。こうした取り組みが評価され、LGBT等の性的マイノリティに関する取組評価指標「PRIDE指標2021」において、2年連続となるゴールドを受賞しました。2021年3月からはLGBT当事者かつ障害のある方の転職・就職を支援する「LGBT当事者×障害者のための転職・就職支援サービス」を開始。現在までに300人以上の方にご登録いただき、就職実績も多く生まれています。

そして、新しいチャレンジに取り組む仲間が増えたことも嬉しいニュースでした。10月時点で社員数が1000名を突破。障害のある社員も600名を超えています。これからも、社員一人ひとりの多様な能力や価値観を活かし、ミッションである「障害者雇用を、成功させる。」を目指して取り組んでいきます。

事業内容

障害者雇用の拡大に取り組む

・グループの事務業務や広告制作、経理業務などのBPO事業

・障害者の就職支援、企業の障害者雇用コンサルティングなど

幅広いBPO事業を展開しているだけではなく、「dodaチャレンジ」によって障害のある方やLGBTの転職・就職活動をサポート。また、一般就労を目指す障害者に向けた就労移行支援事業所「ミラトレ」、先端IT領域での就職・活躍を目指す障害者に向けたIT特化型就労移行支援事業所「Neuro Dive」も運営しています。
法人企業に向けには「人材紹介」、「障害者雇用コンサルティング」、「研修サービス」などを行っています。

社風

やりたいことがあれば機会を与えてくれる会社

●社員コメント
中津井 亨 (入社8年目/採用・育成グループ 教育研修チーム チームリーダー)
私は障害者手帳を持ってはたらいていますが、社内で「障害者だから」と言われたり、はたらくうえで壁を感じたことはありません。私は、外部企業に精神障害者と共にはたらくためのポイントを伝える研修講師を務めています。以前から、障害があっても「はたらいて、笑える。」という事実を当事者の立場から広く伝えたいと考えていたのですが、研修を実施するという話を聞き、講師を任せてほしいと手を挙げました。障害の有無や弱みではなく、強みや可能性を見てくれる、やりたいことがあれば機会を与えてくれる会社だと思っています。

社長からのメッセージ

日本最大規模の障害者雇用の実現を目指して

当社はグループ内の障害者雇用促進を担う特例子会社として、500名を超える障害のある社員が活躍しています。BPO事業では、自社開発のマネジメントノウハウのもと、業務を徹底的に標準化し、効率化と品質向上を実現、グループのPST(ピュアセールスタイム)創出に貢献しています。
これらの知見をもとに、日本最大級の求職者登録数と就職実績を持つ「dodaチャレンジ」を中心にコンサルティングサービス、就労移行支援事業の「ミラトレ(事務系領域)」と「Neuro Dive(先端IT領域)」などの人材サービスを展開しています。
これからも、制約に負けない柔軟なはたらき方を生み出し、日本最大規模の障害者雇用で「はたらいて、笑おう。」を実現していきます。

代表取締役社長
井上 雅博

DATA

設立年月日:2008年1月1日
(※ 2017年6月1日付、株式会社フロンティアチャレンジから社名変更)
平均年齢:35.3歳
男女比:5:5
事業所:東京・横浜・大宮・大阪・名古屋・仙台
(いずれも2020年10月時点)

HISTORY

2002年5月:サンクステンプ株式会社(パーソルグループ特例子会社)にて障害者専門有料職業紹介事業を東京で開始

2006年10月:テンプスタッフフロンティア株式会社設立(サンクステンプ株式会社より会社分割)

2008年1月:(株)インテリジェンス・ベネフィクス設立

2009年7月:(株)インテリジェンスにて、障害者の人材紹介「DODAチャレンジ(現「dodaチャレンジ)」サービス開始

2014年10月:「株式会社フロンティアチャレンジ」を設立。翌15年5月、港区芝へ本社移転(テンプスタッフフロンティア株式会社と、株式会社インテリジェンス・ベネフィクス、インテリジェンスの障害者のための求人・転職サービス「DODAチャレンジ」の統合により)

2017年6月:パーソルチャレンジ株式会社に社名変更

2019年9月:就労移行支援事業の屋号を「ミラトレ」へリブランド

2019年11月:IT特化型就労移行支援事業所「Neuro Dive」秋葉原開設

福利厚生・社内取り組みなど

・同姓パートナーシップ制度
・女性管理職比率31.82%

Webサイト

https://challenge.persol-group.co.jp/
https://doda.jp/challenge/
https://mirai-training.jp/
https://challenge.persol-group.co.jp/datascience/

「パーソルかるた」に戻る

このページをシェアする
目次
閉じる